どのようにクリニックを選べばいいのか悩んでしまう人も多いと思います。
多額なお金を使うで、失敗はしたくありませんよね。

脂肪吸入の手術は、難易度がすごく高いのでクリニック選びはとても重要です。

クリニックでもドクターによって、仕上がり方が違います。ですので、信頼できるドクターなのか、カウンセリングしてくれたドクターが当日施術してくれるのかも重要になります。

他にも、何に使われたかわからないものに料金請求してくる所もありますし、あとから請求されることもありますから、気を付けましょう。

そのクリニックがカウンセリングをしっかりしてくれるのか、質問にしっかり答えてくれるのか、ドクターの距離が近いか、などもしっかり見極めましょう。

しっかり説明をしてくれないようなところですと、安心して施術を受けられませんよね?
質問したことにしっかりと答えてくれないようなところも信用できません。
ドクターは1日に何人もの人のカウンセリングをしていますが、その1人1人に丁寧にカウンセリングしてくれるところなら、大丈夫でしょう。

ドクターとの距離ですが、私たちに親身になってくれる人なら、任せられますが、そうでないと、不安ではないでしょうか。

他にも、ドクターや看護師さんの対応や印象がよくないとことでは、豊胸手術をしない方がいいでしょう。

他にもそのクリニックがアフターケアまでしっかりしてくれるのかも事前に確認したほうがいいでしょう。

するのであれば、美しい仕上がりになる所がいいですし、色々な所に話を聞きに行くのも、直接クリニックに電話してみるのもいいかもせれません。

また、現在ではネットでも色々なクリニックの情報が見られるので、気になっているクリニックについて調べてみましょう。

麻酔方法も局所麻酔なのか、全身麻酔なのかなどでも、費用が違ってきますので、クリニックに聞くといいでしょう。

他にも、実績がない所で受けるのは怖いので、しっかりと実績があるのかどうかもしっかりと確認しましょう。

良いクリニックを見つけて手術を受けましょう。

脂肪吸入の費用の相場をわからない人もいると思いますので、今回はどれくらい費用が掛かるのか書きたいと思います。

部位によっての費用がどれくらいかかるかですが、
顔の場合は、難易度によって異なってきますが、頬であれば25万~40万くらいで、顎は20万~30万くらいが目安です。

お腹
腹部上下、ウエストなどで、吸入量や施術方法によって異なりますが、
お腹全体の場合は平均→678.216円、安値→156.600円、高値→1.283.980円
ウエストですと、平均→284.621円、安値→85.320円、高値→427.933円

太もも
難易度や施術方法で異なりますが、平均的→668.289円、安値→259.200円、高値→1.511.080円

ふくらはぎ
平均→365.258円、安値→61.560円、高値→671.890円

お尻
平均→372.584円、安値→85.320円、高値→579.982円

最後に二の腕は、難易度によって異なりますが、
平均→332.845円、安値→61.560円、高値→673.110円

他の部位もありますが、良くされている所だけ紹介しました。
どうでしょう?参考になったでしょうか?

すごく高いので、誰でも簡単に出せるような金額ではありませんね。

手術以外にも料金がかかるクリニックがありますので、事前に聞くか、調べるといいでしょう。
それかカウンセリングに行った時に、総額を出してもらうといいかもしれません。
ほとんどが料金の中に、麻酔代などが含まれています。

高いほうがいいのか、安い方がいいのか悩みますか?
悩む人のために、安いところで、アフターケアをいい加減にしている所もありますし、高い所でも、必要のないものにお金を払っていることもありますので、何にお金がかかるのか、しっかりと教えてもらうようにしましょう。

ですので、お金が安いからいいとか、高いからと言うわけではなく、しっかりしているクリニックなのかが大切です。

すごく気になる人は、色々調べてみることもいいですし、口コミサイトを見て見たり、やったことのある人が身近にいるのであれば、その人に聞いてみることもいいでしょう。

そして、わからないことや、気になることは、直接気になるクリニックに電話してみることも1つの手ではないでしょうか?

払わなくていいお金なら払いたくないですし、どちらかと言えば、施術方法がよく、安くすんだ方がいいですよね。

医者と看護士日本には脂肪吸引での死亡事故はまだありません。

他国ですと、アメリカの食品医薬品局の脂肪吸引サイトでは、10万回行われ場合に20~100人が死亡しているというデータがあると公表したそうです。
ですので、大きな事故があったということを知っておいた方がいいでしょう。

他にも、最初にフランスで、美容目的で行われた太ももの除去で、当時の手術道具は、鋭いさじのような物で脂肪を掻きだすというようなもので、その手術を受けた人が足を切断したという事故もありました。それ以降50年は行われることはなかったようです。

今では、細い金属の官を使用するようになり、器具や技術の進化と安全性が高まり、日本や他の国でも行われるようになりました。

事故原因では、悪性の感染症で、組織の壊疽や毒によるショック死の可能性や血管に脂肪のかたまりが入り込む、血のかたまりが血管に詰まる。
麻酔の投与量が不適切で、神経に異常が現れたり筋肉が痙攣を起こしてしまう、心停止が起こる場合もあるそうです。

死亡事故は、施術中や施術直後に起こることが多いそうです。また自宅に戻ってから起こることもあるそうです。

こういう危険性から、事前にクリニックが事故に対する体制がどうなっているかをしっかり確かめましょう。
そしてもし異変を感じた時は、すぐに医師に相談しましょう。

多い後遺症ですと、内出血のよるアザが出来てしまうことや、腫れたりします。吸引後に、左右が不揃いになることや、ボコボコになることもあるようです。これらは、1~2か月で目立たなくなるようです。

吸引後に、テーピングのところがかぶれてかゆいを引き起こしたりします。かゆみが続くと水膨れになることもあるそうです。

他の後遺症ですと、切開した部分から感染症を引き起こす。施術した部分が腫れ、中に血清が溜まり浮腫んだりすることもあります。器具で内臓を傷つけてしまう可能性もあります。

他にも、事故原因や後遺症がありますが、こういったことも頭に入れて脂肪吸引をするかしないかを考えた方がいいでしょう。

このようなことがいつ起こるかわかりませんし、起こってしまってからでは遅いので簡単に考えないようにしましょう。

GUM14_CL06215まず脂肪吸引とは、皮下脂肪を吸引管で取り除く手術のことです。

脂肪吸引は、皮下脂肪に悩んでいる人や部分的に脂肪を取りたい人、ダイエットとリバウンドを繰り返している人がやっているそうです。

早く痩せることが出来る方法として脂肪吸引が用いられています。

方法として、自分が気になる脂肪を減らしたい所に、吸引管を挿入して、吸引し除去していきます。以前は、脂肪切除方法が主流でしたが、脂肪吸引の方が傷跡が小さくて済むことから、現在では、吸引する方が主流になったようです。

脂肪吸引でも2種類あり、切る方法と切らない方法があるそうです。

切る方法ですと、官を入れる所だけ切り行う方法です。この方だと、1度にたくさんの脂肪を吸引出来るようです。

切らない方法ですと、メスを使わず専用の機械で吸引する方法です。切らないのでリスクが低いですが、1度にたくさんの脂肪を取ることが出来ません。

どちらも人気な方法なようです。

ダイエット効果もあるようで、即効性があることから人気のようです。ですが逆にあまり良くないとも言われています。
吸引したときは、しっかり痩せることが出来るようですが、今まで通りの生活をしていると元に戻ってしまう可能性が非常に高いそうです。

自分の力で痩せたのではないので、すぐ太ってしまうようです。あくまでも脂肪をなくすだけなので、体系を維持するのは、生活を改善することが大切です。お金がかかっているのでから、リバウンドをしたくないですよね。

顔の脂肪が気になる人は、顔も脂肪吸引できるか気に所ですよね!
お腹や二の腕は有名ですし人気ですが顔も吸引が可能だそうです。ですが、あまりおすすめは出来ません。失敗してしまう可能性もあるようです。

顔で失敗してしまい、少しでも脂肪が残っているとボコボコとなって目立つようです。
顔がボコボコになってしまうとすごくショックですよね。ですので、顔は脂肪吸引に頼らず自分で解決するようにした方がいいでしょう。

他にもまぶた吸引ですが、まぶたに脂肪がつくとなかなかとることが出来なく、美容整形に頼りたくなるそうです。二重にするのではなく、脂肪を取り除くことが出来るのかですが、吸引をしてもらえるようです。

ですが、してくれるクリニックが少なく、吸引ではなく、脂肪除去手術が一般的になっているそうです。除去手術ですとメスと使うので危険性が高いです。
ですので、しようか迷っている人は、よく考えてください。

このような方法がありますが、全てよく考えてからにしましょう。